もの語りのあるもの作り。

Hiyuka is the ancient Japanese poetry used by The Anthology of Myriad Leaves.
It is the love song which does not show feelings, but express them compared to something.
An infinite possibility is spread when a person with a different tradition meets.
"Made In Japan", the rural areas and rural areas in Japan intersected.
"Made In World", made with technology of Japan and the one in the world.
Harmony, which strikes the right chord which a new thing and an old thing play.
The love song, which exceeds space and is loved exceeding a time.

出会いから始まるもの作り。

万葉集で使われた、いにしえのフレーズ 。心情を表に出さず、ものに託して表現された恋の歌。
異なる伝統をもった者が出会った時に広がる無限の可能性。
日本の地方と地方が交差した「Made In Japan」
日本の技術と世界の技術で作る「Made In World」
新しいものと古いものが奏でる心に響くハーモニー。
空間を超え時代を超えて愛される恋の歌。

 

無限に広がる可能性。

HIYUCA(R)立上げにあたって沢山の方々に協力頂きました。
東日本大震災から2年。石巻市には世界中から沢山のプロフェッショナルが来て
地元の人と一緒になって活躍してます。様々な人が出会って刺激し合って
高めあって沢山の人を巻き込んで、巻き込まれて奇跡が巻き起こる。
日本全国、世界中に広がって繋つながり、その中でものが生まれていけば夢がある。